動物慰霊祭大法要

2013-07-31

2013年度/平成25年の動物慰霊祭大法要

平成25年7月21日に、増上寺において、平和会ペットメモリアル主催「動物慰霊祭大法要」を開催いたしました。
大勢の皆さまにご参列、ご賛同をいただきましてありがとうございました。
当日の模様を本サイトでお楽しみください。
●2013年度/平成25年動物慰霊祭大法要にご参列された皆さまからのメッセージ
(平和会ペットメモリアル主催)

1.ありがとう。とても良かったです。

2.立派な法要で、いい時間でした。

3.講話も、法要もとっても良かったです。

4.本当に良かったです。毎年工夫していて。
こういうことをして頂けるのは嬉しいです。ありがとう。

5.亡くなった子を想いだしました。
大勢の方たちと一緒にご供養できて良かったです。

6.人間でもこういう暖かい絆を感じる機会が少なくなっていると感じますが、平和会ペットメモリアルでの、ペットを交えた絆ができていること、暖かさに
感動しています。スタッフの人に、ありがとうと、この気持ちを伝えたいです。

7.素晴らしい供養ができました。

8.講話の動物達の話は胸に詰まりました。
一緒にご供養できて良かったです。

9.とっても良かったです。ありがとう。

10.来て良かったです、いい供養になりました。

ご来場のみなさま、撮影にご協力をいただきまして、ありがとうございました。
動物を愛する皆様、ぜひ、来年、慰霊祭にご参加下さい。
1.東日本大震災でお亡くなりになった方々や 動物たちのためにご参列頂いた皆様から、ハートの献花台に献花をして頂きました。 

2.献花台は、被災地の岩手の家具屋さんに作って 頂いたものです。

3.ご参列の皆様とともに、ハートの献花台が作り上げられました。

4.
献花台には、慰霊祭に込めた想い【感謝】【思い出】【祈り】【愛】 が記されています。
当日のみなさま全員と一丸となって出来上がりました。

5.オリジナル・チャリティーバンドで、皆様に被災ペットの救済活動支援にご協力をいただきました。

6.たくさんのご支援を頂戴しまして、有り難うございました。
♥ハートの献花台への想い
皆さまの愛するペットちゃんと震災で亡くなられた方々や動物さん達のご冥福を共にお祈りし、ご献花のご協力を
お願い致しました。
ハートの形は、皆さまの想いや愛情の象徴です。
ハートの献花台は、被災地岩手県(株)青木家具製作所さんに作っていただきました。

♥「会津ごまみそせんべい」 (お供物)
平和会ペットメモリアルは、引き続き、東日本大震災の被災地企業支援をさせていただいております。
慰霊祭当日に、皆様にお渡しした「ごまみそせんべい」は、福島県会津市の會津幸泉小法師さんの銘菓です。
尚、東日本大震災の被災ペット救済の支援につきましても、震災以降、下記の活動や募金活動を継続 して支援を続けて
おります。皆様のご協力をお願い申し上げます。

♥絵本「さくら 原発被災地にのこされた犬たち 」
この絵本は、馬場國敏院長が書かれた本です。馬場院長が被災地で動物救済を行ってきた実体験に基づいたストーリーです。
この絵本の収益金は全て、被災動物救済に充てられております。

♥オリジナルチャリティーバンド
チャリティーバンドの収益金全額をどうぶつ救済本部、福島県動物救護本部、そして、現在は、野生動物ボアンティアセンター(川崎市)に送金し、被災動物救済を支援しております。皆さまの支援をお願いいたします。


7月21日の動物慰霊祭大法要にご参列いただきました皆様より、あたたかいお気持ちと共にお預かり致しました義援金を、被災ペット救済のため『野生動物ボランティアセンター(川崎市)』に送金させていただきますのでここにご報告申し上げます。 
野生動物ボランティアセンター(川崎市)では、福島県のシェルターから保護した被災ペットが、新しいスタートをするために一時預かりをして、新しい飼い主さんへ譲渡することを支援しております。 
平成25年07月 「野生動物ボランティアセンター」 ¥89,694

「動物を愛する心は、世界を平和にする」 という平和会ペットメモリアルの創業者達の信念から、皆々さまと一緒に、少しでも世の中を元気にしていくことに貢献できたらと願っております。この小さな違いが大きな違い/変化を起こしていくことをスタッフ一同、信じております。

動物慰霊祭大法要の最新記事

ページトップへ