動物供養祭

2016-12-20

秋の動物供養祭を開催しました(2016/11/6)

11月6日(日)、2016年の秋の動物供養祭が行われました。
10月下旬から寒暖差があり前日も寒い曇りの日が曇りの日が続いてましたが、当日は気持ちのよい秋晴れに恵まれ多くの方にご参列いただきました。
【動物供養祭とは】
動物供養祭は、毎年3月(春)と11月(秋)に平和会ペットメモリアルパーク内の特設会場にて施行しています。
この供養祭は、平和会ペットメモリアルパークでペットちゃんのご葬儀や納骨など行われている方だけに限らず、事前にお申し込みいただいた方であれば、どなたでもご参列いただけます。
 
供養祭では、お客様とペットちゃんのお名前を入れた蓮の絵柄入りの特別塔婆をお建てし、僧侶読経の中、ペットちゃんのお名前読み上げ供養をしております。

ご参列された皆様には、ペットちゃんのご供養としてご献花をしていただき、音楽と共に、心静かに愛するペットちゃんのご供養をしていただくことができます。



今回は秋の動物供養祭ということで、秋をイメージした黄色いカーペットや紅葉などあしらった会場です。


開場後から生演奏の披露とともに、受付にてお客様にお渡しした特別塔婆が1本1本スタッフの手により祭壇の横に並べられました。
(お塔婆は当日参列できなかった施主様の分も一緒に祭壇にお供えし、ご供養させていただきました。)


今回も僧侶読経の中、飼い主様とペットちゃんのお名前を読み上げ供養いたしました。


読経の後は、参列者の皆様にカーネーションの花を一輪ずつ献花していただき、最後には思いの詰まったハートの献花台が出来上がりました。


供養が終わり会場を出ると、みなさまからいただいたメッセージで満開の花が咲いていました。ペットちゃんにもきっと思いが伝わっていることでしょう。


最後にスタッフから一人一人にハート型の風船が手渡されました。
この風船は、地表に落ちると溶けるエコに配慮しているのでたくさん飛ばしても環境を汚してしまう心配がないのです。
 
「みなさんで一緒に飛ばしましょう!」
1回練習してから、
「3、2、1!」
青空にピンクの風船がふわっといっせいに浮かび、飛んでいきました。
飛んでっちゃったな〜と思ったら
ピンクの風船の後を追うように、少し離れたところからもさらにたくさんの風船が飛んで・・・。この風船は参加できなかった方たちの風船です。
しばらく優しい余韻に浸るなか、供養祭は終了いたしました。


当日の模様は動画でもご覧いただけます。



今回も多くのお客様にご参列いただきまして、誠にありがとうございました。
ご参列いただいたお客様のなかには毎回参加なさっている方もいらっしゃり、供養祭を通してお客様の元気なお顔を拝見できることもスタッフとしては大変嬉しく思います。
 
 
今後も平和会メモリアルパークでは、お亡くなりになったペットちゃんに心の中で触れる機会として、供養祭やイベントなど行ってまいります。もちろん、お墓参りはいつでもいらしてください。
 
みなさまのお越しをお待ちしております。

動物供養祭の最新記事

ページトップへ