パークレンジャーの日々

2021-06-29

タイサンボクの花が咲きました

こんにちは、パークレンジャーのNEOです。

今回ご紹介するのは園内でも屈指の大きさを誇る巨大樹タイサンボクのお話をしようと思います。
タイサンボクは顔より全然大きい花を咲かせます。
普段は花の位置が高すぎて写真が撮れなかったのですが、今年は脚立に上ってギリギリ撮れたので、良い機会と思い紹介したいと思います。
 

パークレンジャーはお客様が気持ちよくお参りできるように、霊園を開く前に全体的な清掃を行っているのですが、今の時期だとタイサンボクの枯れ葉が、これでもかというほど落ちてきます。
花が咲く時期と葉が落ちる時期が被ってるのも特徴的ですね。

タイサンボクの枯れ葉は、手のひらより大きく、細長く丸みをおびた葉っぱで、お皿になりそうのほど、硬く、反りあがっています。
そして、落ち始めて何日かすると、薄いフニャフニャした巨大な葉っぱのようなものが落ちてくるようになります。

そのフニャフニャは・・・花弁なんです!!

ただでさえ大きい葉っぱと同じぐらい大きい花弁で、落ちるころには茶色になっているんで、見た目的には枯れ葉のようです。
一緒に未成熟の実が落ちていたので大きさがわかりやすいように軍手を添えて写真を撮ってみました。
余談ですが、梅雨の時期になってくると、園内の雑草がグングン伸びてきます…
頻繁に雑草抜きや、広範囲には除草剤の散布を行っていますが、次から次に生えてきます。
何かいい方法がないかと調べてみると、面白いニュースがありました。

雑草に熱湯をかけて、根っこごと茹で上げるという除草方法が、薬品を使わず、新たに生え難くして、エコだということでした。

まぁ問題点として取り除きたい雑草の近くに樹木が植わっていると、その根っこが痛んで枯れてしまう可能性が高いので注意が必要だそうです。

・・・園内は樹木ばっかりだからつかえなさそうですね(´;ω;`)

 ご覧になっている方に雑草でお困りの方がいたら試してみてください!


パークレンジャーの日々
    前の記事 ◀︎◀︎◀︎ || ▶︎▶︎▶︎ 次の記事

パークレンジャーの日々の最新記事

ページトップへ