ペットを偲ぶ

2021-03-15

春うらら、新しい気持ちで

平和会ペットメモリアルパーク内の植物たちも少しずつ芽吹きだし、日差しも暖かく感じる日が増えてきました。うららかな春がやってくると、お引越しやお部屋の模様替えなど気分を変えて新しいスタートを切るいい機会になります。
 

おうち時間が増えたことでお部屋の整理整頓をされ、ご自宅にご安置したままになっていたペットちゃんのご遺骨をこれから先、どうしようかとご家族の方とお話になる機会や時間が持て、お気持ちに区切りをつけられ、ご納骨をご希望される、というご家族の方も増えていらっしゃいます。
平和会には屋外庭園式墓地と屋内納骨堂がございますが、今回は屋外庭園式墓地についてお話したいと思います!※屋内納骨堂については次回のコラムでお話いたします!
 
オンリーワンの最高級洋風墓(写真左)、 墓所は四季折々の木々や植物に囲まれています

 
平和会の屋外庭園式墓地は、大きく分けて、「カロート式のお墓」、「合同のお墓」、「昭和のお墓」がございます。
カロートとはお墓の納骨室のことです。墓石の下にコンクリートで区切られたお部屋があり、そこにお骨壺をお納めします。
 
大きさのタイプは3つ、骨壷をお納めできる数が異なり、墓石はご希望のデザインに!
 

オプションで墓石のデザインや文字など、ご希望に応じてご家族様でお考えいただけます。また、人間の墓地と同じような最高級外墓地の洋風墓所もございます。
カロート式のお墓の魅力は、造りのしっかりしたお部屋(納骨室)に納骨ができ、将来的なことも含めてカロートの大きさをお選びいただくことで、安心してペットちゃんにお眠りいただけます。お外が大好きだった子も、たくさんの自然に囲まれた園内で、思う存分駆けまわって遊べるのではないかと思います。
 
そして合同のお墓は、年月ごとに他家のペットちゃんと一緒にご納骨をしている合同墓です。また、「お墓の後継者がいない」「手厚く永代に渡って供養をしてもらえ、安心したい」というご家族の方に選ばれている、永代供養墓もございます。定期的に墓前にて読経法要をし、生花を飾って大切に、きれいに管理しております。
 
参道入口付近の昭和合同墓(写真左)、永代供養墓は春・秋彼岸に僧侶による読経供養を行います(写真右)
見晴らしの良い園内頂上の平成・令和合同墓

合同のお墓の魅力は、他家の子たちと一緒のご納骨なので、たくさんのお友達と楽しく過ごすことができるお墓です。カロート式のお墓と同じく、たくさんの自然に囲まれた園内で、仲良くにぎやかに過ごせるのではないでしょうか。

早春には梅の花、そして桜が咲き、爽やかな風とともに緑が茂ると藤の花が咲きます。
アジサイが色づけば夏はもうすぐそこまで。セミの大合唱が始まり、ヒグラシが鳴き、やがて秋になると虫の音が霊園の子守唄になります。金木犀が香り、秋が深まるとカエデやケヤキが紅葉し、寒い冬が訪れます。お地蔵様が白い綿帽子をかぶることも…。
そんなふうにしてまた、春が訪れます。
一年を通して豊かな自然を体感できることも屋外墓地の魅力の一つです。
そのような四季折々の自然であふれる平和会ペットメモリアルパークは、日々専任のスタッフが心を込めて整備・管理をさせていただいておりますので、どうぞ安心して大切なペットちゃんをお任せください。
 
また、ご自宅でのご供養、ご安置をお考えのご家族の方には、お引越しやお部屋の模様替え、お片付けのご機会にお骨壺の外カバー(覆い)を新しいものにお取替えになるのもよろしいのではないかと思います。環境や時間の経過とともに、お骨壺の外カバー(覆い)の色が変ることもございます。季節やペットちゃんのイメージにあわせて、どうぞ可愛らしくお飾りください。
 
シンプルな飾りつけも季節に合わせて可愛らしく模様替え!
 
また、お骨壺自体の交換お手元供養の分骨(別途料金)など、直接ご来園いただければ専門のスタッフが行ないます。(ご来園時間をご予約下さい)遠方にお住まいのご家族の方でも、人間の送骨も行っている“ゆうパック”の郵送対応もございますのでお問合せくださいませ。

ペットを偲ぶの最新記事

ページトップへ