ペットを偲ぶ

2021-02-08

聞かせて!粉骨のおはなし!


お骨の粉骨(パウダー)はここ数年、ご希望されるご家族の方が多くなっています。粉骨とは文字通り、お骨を細かくパウダー状にすることです。サラサラとした、砂浜の砂のように繊細なイメージです。
人間でも粉骨(パウダー)にして樹木散骨や海洋散骨など、よく耳にします。
 
ペットちゃんの場合ですと、自宅のお庭などに散骨されるというお話を聞かせていただきます。また、マンション等にお住いの方などは、バルコニーのガーデニングスペースに散骨されるという方も。
お花になって天国へ旅立てるようにと散骨をされるそうです。
 
そんなご家族の方のお話から、身近な場所でご供養ができるようにと生まれたのが、「メモリアルガーデン」です。墓石の御影石は、マグマがゆっくりと時間をかけて固まったため、密度が高く硬いので風雨にも強く耐久性があります。そして見た目がとても美しいのが特徴です。陶板写真はお持ちのお写真からお作りし、釉薬(ゆうやく)を900℃で焼き付けてるので半永久的に色あせません!あの頃のペットちゃんのまま、いつもお傍にいられます。
※メモリアルガーデン\44,000-(税込)色:桜御影・グレー
 

コンパクトで場所をとらないのでお庭はもちろん、マンション等にお住まいの方でもご利用いただけ、墓石、底石、陶板写真、プランターがセットになっています。お花や植物で彩る、ご家族だけのお墓です。
また、粉骨(パウダー)をしたお骨の一部をプランターに散骨し、かわいいお花を育てられるご家族の方もいらっしゃいます。
骨壷ごとお納めいただくこともできますので、ご家族の方のお気持ちで様々なご供養をしていただけます。
*詳細は当園までご連絡くださいませ
自然に還るように、という思いを込めた一つのご供養の形です。
※墓石、底石、陶板写真、プランターがセットになっています。(プランターサイズ:縦18.4cm・横45cm・高さ19cm)

そして、自宅での安置スペースを確保するために粉骨(パウダー)をご希望されるご家族の方もいらっしゃいます。
*(写真左)大型犬サイズ6寸(直径約17cm・高さ約20.5cm)→3.5寸(直径約10cm・高さ約13cm)
*(写真右)小型犬・猫サイズ3.5寸(直径約10cm・高さ約13cm)→2.5寸(直径約7cm・高さ約9cm)


例えば、大型犬が収まっている骨壷(6寸~7寸)は3.5~4寸と小さくなります。
小型犬や猫の骨壺(3.5~4寸)は2.5寸とコンパクトなサイズになります。
粉骨(パウダー)にすることで、お骨がおよそ1/3の量になるので、骨壷の大きさがコンパクトになります。その分のスペースに祭壇を置いたり、洋服やおもちゃを飾ったり華やかにお飾りしてみてはいかがでしょうか?祭壇に合わせた仏具セットのご用意もございます。
※お花や大好きなおやつ、おもちゃで華やかに


将来的なことも含め、スペースの確保(お墓に納めきれなくなる、自宅での安置スペースを増やしたいなど)をお考えのご家族の方も粉骨(パウダー)を検討されることが多いようです。
 
また、当園をご利用されたことのないご家族の方(他霊園でご葬儀をされ、自宅でご供養されているなど)もお申込みいただけます。そして、他県にお住まいや諸事情でご来園が難しいご家族の方には、骨壷をご郵送いただく「粉骨・送骨サービス」も承っています。
※粉骨・送骨サービスは、人間のご遺骨でも利用されている日本郵便でのご郵送です。
 
実際に、当園がある神奈川県から遠く離れた東北や九州の方からもお申し込みをいただいております。
もしかすると「お骨を送る」ということに少し抵抗感をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。大切なペットちゃん・・・ご家族の方一員ですから、自然な思いであると思います。しかしながら、現代の様々なご家庭の事情にご対応できることや、信頼できるペット霊園としてできることを考え、専用のお箱(送骨キット)をご用意しました。
日本郵便でのお届けとなり、輸送中の衝撃を吸収する緩衝材や、わかりやすい手引書も入っているので安心して納めていただけます。
お申込みいただいた後、ご連絡をさせていただきますので、ペットちゃんのお話をどうぞお聞かせください。また、粉骨(パウダー)後は真空状態にして桐箱にお納め致します。
※専用の桐箱へお納めいたします。(緩衝材・乾燥剤つき)

 
 ※可愛らしい骨壺・覆いにもお納めいただけます。(別途料金)
 

 
真空状態にすることで、湿気などからお骨を守り、ずっとお傍にいられます。
ご希望に応じて骨壷や覆いにお納めいただけます。(別途骨壷料金) 
「粉骨・送骨サービス」¥8,800-(税込、別途送料)
ご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
 
平和会ペットメモリアルパーク 
044-966-6140
お問合せフォーム

ペットを偲ぶの最新記事

ページトップへ