ペットを偲ぶ

2021-04-14

大切なペットちゃんへ感謝を込めた骨壺の贈り物

大倉陶園は、1919年(大正8年)から創業し、2019年に100周年を迎えた日本における最高級の陶磁器メーカーです。
 
美術的価値の高い高級美術食器として宮内庁をはじめ、日本国迎賓館や一流ホテルなど各方面に収められています。
「良きが上にも良きものを」という理念は、伝統の技法を守るだけではなく、創業者のものづくりの心を引き継ぎ、常に新たなる挑戦に取り組まれています。
 
☆物語のはじまり☆
ある時、大切なペットちゃんを亡くされたご家族の方から「ペットちゃんにできる限り最高のご葬儀を行ってほしい」とのご希望がありました。ご家族の方からのご希望をお聞きし、ご自宅で平和会の花祭壇「フラワーセレブレイティングプラン」を行いました。たくさんのお花に囲まれ、大好きな自宅でご葬儀の日まで一緒に過ごしていただきました。そして、ペットちゃんのお骨をお納めするお骨壺も最高のものを・・・と考えたときに大倉陶園のお話をさせていただいたのが、大倉陶園オーダーメイド制作へのきっかけとなりました。
写真:実際に大倉陶園のデザイナーが制作したスケッチ

心を込めて描いたペットちゃんのお姿に、ご家族の方も大変喜ばれ、世界にただ一つ、その子だけの特別なお骨壺のデザインがここに誕生し、陶板、お骨壷、記念皿などを制作されました。

ここで、大倉陶園が手掛ける選りすぐりのお骨壺をご紹介いたします。
日本の文化と伝統に裏付けられた最高級美術陶芸品の骨壺は、大切なペットちゃんにふさわしい品格と温かみのあるone and only oneのお骨壺です。



「岡染」「上絵」
※岡染(左)  上絵(右)


技法: 岡染、金彩(きんさい)
「セーブルのブルー、オークラのホワイト」と、賞賛される大倉陶園のホワイト。セーブルのブルーとは、フランスにあるフランス王立製陶所のことです。
「桜」はオークラのホワイトである白磁の美しさに約24金で仕上げられた金彩が輝きを添えています。
そして優雅に花ひらく桜を白磁に染み入る岡染め(紺青色)で表現しました。
私たちの最も身近な存在の一つである桜が、いつも側にいてくれたペットちゃんを優しく包んでくれます。
 
小:385,000円(税込)
サイズ:高15cm×幅10.5cm(約4寸)
*「岡染」「上絵」ともに

大:440,000円(税込)
サイズ:高27cm×幅20cm(約7寸)
*「岡染」「上絵」ともに
 
※蓋の内側にそっと描かれた桜の花はペットちゃんをそっと見守っていてくれるようです




 
※春は花に彩られた祭壇などで華やかにお飾りください





ブルローズ
 
技法: 岡染、金彩(きんさい)
炎の芸術『岡染』技法が作り出す神秘の色彩により、しなやかに伸びる蔓と咲き誇るバラの美しさを表現した「ブルーローズ」。
自然に青いバラの花を咲かせることは不可能だと言われていた時代、その奇跡をデザインしたのが大倉陶園の「ブルーローズ」。大倉陶園独自の「岡染め」技法により白磁に溶け込み、優しく咲き誇る紺青の美しさには誰もが目を見張ります。
1928年のデザイン誕生から今なお愛され続けている、大倉陶園の代名詞とも言える絵柄です。
「セーブルのブルー」とは異なる繊細で柔らかなブルーローズは、日本の「わびさび」を感じさせる唯一無二の作品であり、特別なペットちゃんのためにこそふさわしい最高級の骨壺です。
 
小:385,000円(税込)
サイズ:高15cm×幅10.5cm(約4寸)
 
大:440,000円(税込)
サイズ:高27cm×幅20cm
 
丸型:440,000円(税込)
サイズ:高23cm×幅22cm(約6寸)
*サイズは1種類のみ


☆大倉陶園の伝統技法
【岡染】
 
岡染付は、大倉陶園独自の技法で、染付(呉須=ごす=)に対して名づけられました。
 
染付とは、素焼きされた生地に呉須(コバルト質)で絵付けを施し、その上に釉薬をかける高火度の還元焼成によって出来上がる技法で、明の時代初期に完成したといわれています。岡染付は、コバルト絵具を上絵と同じく釉をかけて本焼きされた生地面に絵付けを施し、再度高火度で本焼きすることにより、釉面に絵具を滲透させる技法です。絵具の拡散がもたらす独特のぼかしが深みのある絵を創り上げています。*コバルト→青色
 
【金彩】
金彩(きんさい)は金のことで、筆で一点一点手塗りされています。
金彩は、白磁に美しい輝きを添えています。
 
【オーダーメイド】 
国家技能検定1級を取得した絵師(ペインター)たちが心を込めてペットちゃんのお姿を描いてくれます。お骨壺以外に絵皿なども承ります。
*詳細は平和会ペットメモリアルパークまでお問合せください。
 
たくさんの笑顔と幸せをくれたペットちゃんへ最高の贈り物を、「ありがとう」の気持ちを込めた特別な思いを形にしてみませんか?
 

ペットを偲ぶの最新記事

ページトップへ