メモリアルパーク便り

2017-07-19

横浜市青葉区の災害時「動物救援センター」の候補地になりました

平和会ペットメモリアルパークは、災害時にペットの保護を目的に設置される「動物救護センター」の候補地に加わりました。
横浜市では5ヶ所目、青葉区では初めてとなります。
平和会ペットメモリアルパークでは、東日本大震災や熊本地震の被災動物への募金活動や、東京・横浜・川崎で避難生活をなさっている東日本大震災被災動物のペットちゃんが亡くなった際に無料合同葬儀を行うなど、これまで大規模災害時には数々の支援活動を行ってまいりました。
横浜市と川崎市の中間という場所に位置する弊社にとって、地域への貢献として何ができるかを考えるなかで、災害時に駐車場の広い敷地を利用できるのではと、横浜市に申請したところ「動物救護センター」候補地への実現につながりました。
 
平和会ペットメモリアルパーク 社会貢献活動への取り組み
http://www.heiwakai.co.jp/about/csr.php


▼動物救援センターとは
大規模な災害が起きた場合、現地動物救護本部等が行う被災したペットの救護に関する支援等を行う全国組織として、一般財団法人ペット災害対策推進協会があります。
横浜市域では、公益社団法人横浜市獣医師会や動物愛護団体で構成される横浜市動物救援本部が設置されます。
横浜市動物救援本部は、動物救援センターの緊急的設置及びその運営の中心的役割を果たし、動物救援活動を速やかに行います。
動物救援センターの主な活動は
(1)飼い主とはぐれ放浪しているペットの保護
(2)被災のため飼育が困難となっている動物、飼い主不明・負傷動物の保護
(3)ペットに係る相談の受付
(4)保護したペットの返還(鑑札、迷子札、マイクロチップ等の飼い主明示措置を元に返還)
等です。

横浜市では収容された犬猫の早期返還を図るため、マイクロチップ装着の補助を行っています。

出典:横浜市 災害時のペット対策

▼横浜市の動物救援センターの候補地について、横浜市青葉区ののタウンニュースに掲載されました。
http://www.townnews.co.jp/0101/2017/07/06/389105.html

▼横浜市の「災害時のペット対策」では、ペットとの同行避難対応ガイドラインや災害発生時の犬・猫の飼い主の対応、ペットの災害対策などをご確認いただけます。
 
横浜市 災害時のペット対策
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/douai/love/saigaiguideh29.06verhp.pdf
(PDFファイル)

メモリアルパーク便りの最新記事

ページトップへ