ペットを偲ぶ

2017-04-04

延命地蔵尊|平和会ペットメモリアルパークで優しく見守るお地蔵さま

東急田園都市線のたまプラーザ駅からバスで約10分。
バス停「延命地蔵尊」で降りてすぐ、平和会ペットメモリアルパーク内に「山王山 延命地蔵尊」は鎮座しています。

戦後間もない昭和23年から、亡くなった動物たちの供養を始めた佛教平和會(現:平和会ペットメモリアルパーク)が九品佛浄真寺、池上本門寺を経て昭和32年に、現在地に鎮座する延命地蔵尊をご本尊として動物専用の火葬場を併設した動物霊園を開園しました。
 
家庭の動物、また自然保護の観点から野生の動物、東京都の動物園(上野動物園・多摩動物園・井の頭動物園)の大型動物、環境局・区役所から依頼された動物 等、現在までに約260万体を超える動物たちが埋葬され、ご供養を続けています。

 

「お地蔵さん」と呼ばれ、古くから親しみ深い仏さま。
右手には、上端に数個の丸い輪がついた錫杖を握り、左手には災難を除ける宝珠を持っています。
お願い事はなんでも叶えてくれて、困っている人がいればどこへでも現れて助けてくれる。たくさんの施しを与えてくださる仏さまです。
私たちの食べているすべてのものは大地から恩恵を受けています。
大地は食べ物の宝庫、すなわち蔵。これが地蔵の由縁です。
日本古来から各地で信心されている延命地蔵尊は、参拝者が絶えません。新しく生まれた子を守り、その寿命を延ばすと言われています。
 
お地蔵さんは、お釈迦さまが亡くなってから次の仏さまになることになっている弥勒菩薩さまが、この世に現れるまでの56億7千万年の間、観音菩薩さまとともに、仏さまに代って衆生の悩みや苦しみを救う菩薩とされていました。

 
山王山 延命地蔵尊のお姿は、蓮の上に座った姿勢で右足は安座、左足はひざを立てて座っています。


そもそも仏像には男性女性の区別はありませんが、地蔵菩薩は「母性」を表わしていて女性として扱われるとされています。
山王山延命地蔵尊のお顔はとても柔和な表情をし、唇には紅を挿しています。
お地蔵様のお顔をじーっと見ていると、言葉では言い表せない癒しのパワーに包まれるのは私だけでしょうか? 

写真からも体験できますので、ぜひお試しください。
そして、「癒しのスポット」、山王山延命地蔵尊へ足を運んで、ぜひとも、実物像をお参りください。
 

延命地蔵尊やお地蔵さんの由来についてさらに詳しく知りたい方はこちら
https://www.enmeijizouson.net
 



◆延命地蔵尊のお守り・絵馬・お札
延命地蔵尊には、延命を祈願したお守りや絵馬、健康祈願の木札もございます。
平和会ペットメモリアルパークでお取り扱いしていますので受付でお気軽にお声がけください。


足跡をかたどった可愛いオリジナルの絵馬に願いを書いたら、園内に掛けていただけます。


延命地蔵は、新しく生まれた子を守り寿命を延ばしてくれるといわれております。
皆様の大切な家族(ペット)の延命長寿・健康を願い、遠方からもお参りに来られる方が多数いらっしゃいます。
 
当園を訪れた際には、ぜひ延命地蔵尊にもお立ち寄りください。
 
 
平和会ペットメモリアルパーク、山王山 延命地蔵尊
〒215-0013 神奈川県川崎市麻生区王禅寺1183
TEL:044-966-6140(代)
※入場無料
 
アクセスはこちら
http://www.heiwakai.co.jp/access/
 

ペットを偲ぶの最新記事

ページトップへ