ペットを偲ぶ

2017-03-17

東日本大震災被災動物慰霊碑にて黙祷を行いました(2017/3/11)

震災から6年目となる3月11日午後2時46分、平和会ペットメモリアルパークでは霊園内にあります「東日本大震災被災動物慰霊碑」にて、墓参のお客様やスタッフと黙祷を行いました。
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震および津波、余震等により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災され、今現在も不自由な生活を余儀なくされている皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


当時、地震や津波で多くの方が亡くなられると同時に、多くのペットも犠牲になりました。また、命は助かっても負傷してしまったり、被災や避難生活のため飼い主と離ればなれになり放浪状態になったペットも多数いました。
 
震災後、平和会ペットメモリアルパークでは東京・横浜・川崎で避難生活を余儀なくされている被災された方のペットちゃんが亡くなった場合の合同葬儀や、被災動物への支援として義援金活動、避難生活などにより飼うことが困難となったペットの里親会や譲渡会といった支援を行ってまいりました。
 

これまで、東日本大震災の被災動物への支援として、義援金は、日本赤十字社、緊急災害時動物救援本部、日本獣医師会、福島動物救援本部、被災動物を保護し譲渡する支援をしている野生動物ボランティアセンターへ総額¥5,599,537(平成23年3月~平成28年7月まで)を送金させていただいております。
 
また、平成28年4月に発生した熊本地震以降は、熊本で保護されている被災動物の支援をさせていただいており、3月22日 付けで ¥171,652 を送金させていただいております。


「東日本大震災被災動物慰霊碑」は霊園内の藤棚の近くにあります。
ご来園いただいた方々はどなたもお参りいただくことができます。
(2017/3/12撮影)


東日本大震災や熊本地震での被災により、今も保護や治療を受けて支援を必要としている被災動物たちが数多くいます。

私たち平和会ペットメモリアルパークでは、引き続きペット霊園としてできる支援活動をこれからも継続して参りますので、今後とも皆さまのご協力をお願い致します。
 
 
当社の支援活動・取り組みについて、詳しくはこちらからご覧いただけます。
http://www.heiwakai.co.jp/about/csr.php

ペットを偲ぶの最新記事

ページトップへ