平和会の歴史

平和会の歴史 ―創業 昭和23年(1948年)

私たちに多くの愛情と喜びを与えてくれた動物達への感謝の想いから、昭和23年に動物専用霊園を創業。
約4,000坪の広大な自然に囲まれた閑静な環境の中でご家庭の動物を始め、動物園や行政など各方面からも多数の動物をお預かりしております。
また、昭和30年代より毎年7月に芝増上寺において動物慰霊祭大法要を施行し、ご供養に努めております。

平和会の歴史

昭和23年当時、九品仏浄真寺の僧侶は、寺につれて来られるペットの遺体埋葬の依頼が増えていく事態に憂慮していました。本来、人間のお寺なので、檀家さんの中には快く思われない方々もいらっしゃったり・・・。

住職は悩んだ末、若月 清に、亡くなったペットの埋葬に対応してくれるかどうか、尋ねました。当時、まだ動物と人間には差別があった時代であり、またその仕事は現在でいう3K(キツイ/汚い/危険)なものでした。若月 清は、住職からの依頼に見合ったことができるかどうか、その時点で答えは見いだせませんでした。

彼は、自分に深く問いかけました。

そして、飼い主へたくさんの喜びや「つながり/絆」をもたらしてくれる多くのペットたちが、安らかな永遠の眠りにつく場所を持つということに値していること、また、ペットに対する認識が今とは違う時代であったにも関わらず、飼い主の方たちが自分のペットの存在に感謝し、愛し、尊重しているということを、悟ったのです。

若月 清の心は動かされました。

「自分の人生は、愛されたペット達を葬ることについて、最善のサービスを提供することである」と、決断しました。

しかしその決断は、彼の人生の使命と夢を実現する・・・長く・・・また・・・さまざまな壁に直面し乗り越えることになる、挑戦の始まりでした。

初めてのペット霊園は、昭和23年に九品仏の浄真寺で始まりました、その後、敷地の問題で、昭和27年に池上の本門寺に移りました。しかしながら、当初思っていた以上に埋葬のご希望が多く、霊園の敷地の確保がすぐさま課題となりました。若月 清と長男の若月朗は、ペットを愛する飼い主様や社会のニーズに適した場所を見つけるために、いろいろな場所を探して回り、ついに、山に囲まれた、緑の豊富な美しい場所を見つけました。

昭和32年、彼らは愛されたペットたちにとって、美しい自然に囲まれたその場所が、自然に還り最後の安らかな眠りにつく平和な地になることを確信しました。

その地こそが、今現在、霊園がある川崎市麻生区王禅寺です。

二人の人生の使命と夢は、平和会・延命地蔵尊として、こんにちも存在し、生き続けています。

夢に力づけられた時、一人の人間にできることは、「違い」をつくるという偉業です。私たちは、ふたりの人間が、ペットを愛する人たちの人生に「違い」をつくったことを知っています。

ペットのために美しい動物専用霊園をつくるという、自分たちの夢と人生の使命を信じていた二人の親子・・・若月 清と若月 朗を、変わらず誇りに思っております。

私たちは、ペットを愛する方々に質の高いサービスを提供していくという、彼らの夢と使命を受け継ぎ、今もなお、情熱をもって駆け続けています!

現在の霊園

【当霊園の特色】

  • ●自然に囲まれた霊園の中で、小動物の良き思い出のためにスタッフ一同、心をこめてご奉仕しております。
  • ●心和む庭園式墓地と静かな納骨堂を完備しております。
  • ●環境保全に配慮し行政基準より厳しい独自基準と、人の火葬炉に準じるよう細心の配慮をもって、独自開発した動物専用火葬炉を設置しています。
  • ●人間に準じた葬儀をご提供しております。(移動火葬は行いません)
  • ●当霊園は東京都の動物園、行政などからの埋葬供養も承っております。

写真で見る平和会ペットメモリアルの歴史

コラム ―ペットの医療―

社会貢献活動への取り組み

ページトップへ